上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薪窯が形になったようです。

 4107.jpg

北海道出身者が製作したためか、
窯の形もカマクラのごとくです。

そして、
耐火レンガの上に塗った粘土(古い家の土壁をいただいてきた)が乾くまでに、
パン種ができれば・・・
と色々発酵させておりますが・・・
失敗もりだくさんな毎日です。

発酵しすぎか浅いのか、
酸っぱい感じになってしまうのをどうするか?
おばあちゃんもおいしく食べられる酵母パン目指して試行錯誤です。

時間をかけて、温度を適切にして・・・
パン作りは一筋縄ではいきませぬ。
観察と感覚・・・

失敗作の酸っぱくなったパン種をムダにせず、
どうやったらおいしく食べられるか?
カリカリならいけるんではないかい?
ということで、
細くて長いグリッシーニ風に焼いてみました。

 4105.jpg

これが案外いけました。

ドロドロになった酸っぱいバナナ酵母は、
米粉と重曹を加えてパンケーキにしたら、
これも結構おいしくなりました。


 4092.jpg

失敗はなかなかおもしろい。


着々と・・・

 4068.jpg

進みつつある薪窯作り。

 4076.jpg


カモミールは、
種を蒔きすぎて大盛況・・・

4079.jpg


どうなることやら分からないことを、
どんどんやってみましょう。

4071.jpg

分からないことがおもしろい。



2014.09.26 新たな展開?
最近の研究員・田中は、
なんと、
石窯作りに精を出しております。

 4064.jpg

「うどん」からの新たなる展開。

薪でうどん、から、薪でパン、
薪は薪、小麦は小麦、
薪と小麦の組み合わせで生まれるものは多様です。

パンといってもいろんな種類があるし、
国によっても地域によってもパンの概念は変わるし、
個性豊かで、楽しい食べものかもしれません。


はてさて、
研究員・田中の画策する「薪窯で焼く野生酵母パン」、
どういう展開になりますことやら・・・


 4052.jpg


田中まことのブログのタイトルも変更されております。
「ゆっくりのんびり・・・薪とか小麦とか酵母とか」

ということで、どうぞよろしく。


近頃の440たなか企画は・・・


自家産へちまたわしを作ったり↓

 4037.jpg


生き残りの香草を挿し木してみたり↓

 4038.jpg


香草のミニ畑を作ってみたり↓

 4060.jpg


こういうものを焼く道具を製作中だったり↓

 4058.jpg

↑ちなみにジャガイモではありませぬ。

パン?

このパン、これを、
「あ〜あ・・・」と思ってしまうのか、
「おっ?!」と思えるか。


 4034.jpg

新しいものは、
今の常識では失敗、と思われているものから
生まれてくるもんかもしれんですよね。


2014.09.12 こむぎ研究?
ヘチマも肥ゆる秋・・・

 4006.jpg



朝晩は寒いぐらいの高原(?)の空気の中、
研究員・田中は・・・

 4007.jpg


こんなものを掲げ、
こんなものを作っております。


 4003.jpg

パン?



そして、

 4008.jpg

枯れたと思っていたミントの香りの草が元気になってきて、
ハーブの本を見ていたらおもしろくなってきたので、
植物の研究を始めることにした研究部員でした。


 3985.jpg

ふふふふ。。。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。